NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
モバイルサービス部部長
黒田 和宏 氏

顧客接点を強化する手段として有力なのが、会員向けスマホアプリとショートメッセージ(以下、SMS)だ。SMSの活用により85%の反応率を実現するなど、他の手段にはないシンプルな仕組みが、顧客とのWin-Winな関係の構築に貢献している。

「適切な情報を、適切な手段で、適切な人に届ける」ために

 弊社は、マーケティングやCRM支援、調査データ解析、デジタルマーケティング基盤構築、の3つの分野のソリューションを提供することで、お客様との新しい絆を作るパートナーとなることを目指しています。
 まず、『メディア定点調査2017』を見てみますと、10年前と今とでは、1日あたりのテレビとの接触時間は微減していますが、ケータイとスマートフォンは大幅に伸びています。中でも20~50代の女性、つまり購買意欲が高い世代の利用が非常に高くなっています。
 そのため、多くの企業がお客様との接点を持つために情報発信として活用しているのがSNSですが、ユーザー側からすれば情報が多過ぎると感じているという調査結果も出ています。一人のユーザーに対して企業からの提供情報が過多になっていることから、「適切な情報を、適切な手段で、適切な人に届ける」必要があります。

来店数を大幅に上げた会員向けスマホアプリ

 そのための有力な手段のひとつが会員向けスマホアプリです。飲食店や百貨店、スーパー、薬局、アパレルなどの分野では会員証として使われ、クーポンを付与する機能も持ちます。また、金融の分野では資産管理に、美容分野では予約にも用いられています。
 会員向けスマホアプリの市場は現在、大幅に伸び、今後も大きな伸長が期待されていますが、弊社で提供している「モバイルウェブ」もそのひとつです。会員向けスマホアプリ機能を備えた、クラウド型のCRMプラットフォームです。
 会員登録時から顧客の情報を収集して行動履歴を管理・分析し、顧客が望む情報を届けます。再来店と購買を促し、CRMを繰り返すことで、継続的に売上と収益向上に貢献する仕組みです。