SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「シブヤ109ラボ」が行った調査によれば15~24歳女性では実に7割の女性が何かしらのオタクであると自覚しているそうだ。

 今、世の中に有力なメインカルチャーが存在しなくなったことで、若者たちの中でさまざまなオタク化が進んでいる。同調査結果によると一番人気は「アニメ、漫画、ゲーム」、次いで「日本の男性アイドル、有名人」と、特にこの2カテゴリーのオタ活に励む女性が多いという結果だった。

 特に2.5次元と呼ばれるジャンルは、純粋なアニメや漫画世界を2次元とし、実際の人間や実写を3次元と定義したときの中間点を指す。その中でも「テニミュ」と呼ばれる漫画『テニスの王子様』のミュージカルは定番中の定番だ。

 この2.5次元的な要素として重要なのが、声優。それは2次元アニメと3次元の実世界の両方に存在することから、2.5次元と定義できるから。しかし、現在はこれだけに縛られず2.5次元ミュージカルを中心に活躍するイケメン俳優たちも広義として含まれるようだ。

アースミュージックの痛バは第4弾まであるヒット商品に

 そうした中でヒットを飛ばしている商品がある。それはアースミュージック&エコロジーで展開している痛バと呼ばれるクリアデコバッグだ。この痛バとは痛いバッグの略称で自分が好きなキャラクターの缶バッジをたくさん付けて『私はこれだけ好きだよ~』アピールをするというもの。これも立派な自己表現の一つといってよいだろう。このアースミュージックの痛バはネット限定で受注生産していて、同シリーズは既に第4弾と回を重ねながら盛り上がりをみせている。

 今秋は、新たに男性アイドルユニット『超特急』とコラボレーションしたワンピースも販売。それぞれの男性アイドルが推すワンピースにファンが群がる心理を狙ったプロモーションといえよう。