あらゆる商品がインターネットを通じて購入できる現在、店を構えて商売する“強み”は何でしょうか? スマホ全盛の時代に、チラシとPOPという一見、オールドスタイルなツールで指導先の業績を伸ばす2人の専門家がその秘密を語ります。

 品揃えが物理的に制限される実店舗ですから、そこにはその店ならではの“選び抜かれた商品”があるはずです。

 実店舗という実空間を持つのですから、そこにはその店ならではの“世界観”があるはずです。

 お客さまを想う“人”がいるのですから、そこには人と人の出会いが生み出す“共感”があるはずです。

 

 選び抜かれた品揃え、実空間に表現された世界観、そして商う人の魅力――。

 そう、あなたの店には、あなたの店ならではの価値にあふれているのです。

 しかし、そうした“強み”も、伝えたいお客さまに伝わらなければ存在しないのと同然です。

 今、実店舗の強みを効果的に伝える手段として、がぜん注目されている2つの道具があります。

 新規客がワクワクしながら訪れてくれる「ど演歌チラシ」と、お客さまの発見、興味、共感、納得を引き出して“買う気”のスイッチを押す「コトPOP」です。

 いずれも、実践する店では著しい実績を上げ、お客さま、サプライヤー、そして店が幸せになる成果を見せています。

ど演歌チラシ、それはあなたの人生

 

「ど演歌チラシ」の提唱者、山田文美さんはこう言います。

「一枚のチラシが商売を変え、人生を明るくします。なぜならば、自分の想いを伝えると新規客が『あなたに会いたい』と来店するようになるからです。そして、ど演歌チラシは3年間保存され、効果が続きます」

 こう断言する山田さんは、ど演歌チラシの法則は次の5つと語ります。

 その一 たった1人に向けて書く

 その二 チラシ書き手の日常体験を書く

 その三 文章には感情を書く

 その四 自分の商品技術への思いと取り組みを書く

 その五 店外観写真と詳しい店内案内を載せる

 

 これまでのチラシの常識の真逆をいくど演歌チラシは、まさに書き手の人生そのもの。

 その効用もまた、これまでのチラシにないものです。

※買う気満々の、値引き要求しないお客さまが集まる

※あなたの店のファン客をつくることができる

※新規客が現金を握りしめて来店する

※クチコミ紹介客が増える

※ライバル店には真似できないチラシができる

 まだ見たこともない人が、初来店する前に既にファン客になってしまう――

 こんな現象が起こるのが「ど演歌チラシ」なのです。