キャッシュレスの波が著しく早くやってきた

――中国ではキャッシュレスが進んでいるようですが、インバウンドではその傾向はいかがですか。

 あるインバウンドに人気の大型飲食店でかつてこのようなことがありました。

 中国のお客さまが食事をされて、支払いのときにその人はお財布を持っていなかった。そして、カードも持っていない。この人は中国の決済方法のAlipay、WeChatPayが当然できるものと思って店に入ってきたのだそうです。だから、そのお客さまは同店で飲食したお金を払うことができない。

 そのお客さまの隣に別の中国のお客さまがいて、このようなことになった。

「後であなたのAlipayにお金を振り込むので、あなたのスマホで払っておいてくれませんか」

 この2人は初対面同士なのですが、お互い日本に旅行に来ているということで連帯感を感じているようでした。

 Alipay、WeChatPayの手数料はカードよりもはるかに低く、導入の仕方もスマートフォンかタブレットがあればアプリを導入できるので端末を入れる必要もない。こうした利便性も加わり、キャッシュレスに取り組む店は急速に増えています。

 キャッシュレスを「やらない」という選択をする飲食店はそれはそれでよいのでしょうが、中国人のお客さまが多いところでは「やらない」という選択肢は厳しいことになると思います。キャッシュレスの方向には乗るべきかと思います。

 去年の今頃は、私はキャッシュレスの話をしませんでした。でも、1年たった今、これがとても重要なポイントとなっています。変化の速さを象徴しています。

 特に中国からのインバウンドを想定した場合、昨年、中国で流行語となったのは「投資」と「健康」であったことに注目するべきです。特に健康については、日本は中国からとても信頼をされていて、ドラッグストアでの健康関連の商品がよく売れていますが、飲食店にとってはそこにチャンスがあるかもしれません。

ミナミはトリック写真の宝庫でもある