今年5月24日オープンした「しまむら 寝具・インテリア館Zzz…と(ずっと)」は、しまむらのホームファッションの新業態。「寝具・インテリア館」は、何の変哲もない店名だが、その後に続く「Zzz…」は、眠りの音の「Zzz…」と「ずっと」との双方の意味があり、「しまむらの寝具をずっと使ってもらえ、その後もずっと地元に愛される店になるように」という願いが込められている。擬声語を店名にしているのは極めて珍しく、横文字の店名が多いしまむらの業態だが、「寝具・インテリア館」といささか堅苦しい表現も意外だ。

業態で異なる「多店舗化の度合い」

 同店は神戸市西区の「ディバロ神戸西店」を業態変更したもの。ディバロは、靴と服飾を中心にコーディネイト提案する新しいタイプの婦人靴専門店だ。2006年から店舗展開を開始したが、退店したケースもあり12年間で16店舗にとどまっており、残念ながら思い通りの展開になっていない。今回も不採算店舗の活性化として業態変更されたもので、苦戦ぶりがうかがえる。

 一方で、若者向けのカジュアル・シューズの「アベイル」は、1997年に1号店を出店し318店舗。2000年からスタートしたベビー・子供用品の「バースデイ」も274店舗と拡大しており、同社の成長を支えた。また、2000年には雑貨専門店「シャンブル」を開発、98店舗を展開している。